Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

六本木ラーメン事情(坦々麺以外)

忙しく働いている中で、休日のスポーツ観戦とともに、私の心の支え(?)となっていたのが六本木のラーメンたち。

まずは、もう7月末で閉店してしまった「駄菓子屋」に閉店の数日前に行ってきたのですが、その最後の穴子ラーメンの写真↓
f0158259_1554860.jpg
ただ、穴子ラーメンは残念ながら閉店してしまったのですが、ここのところ六本木はそれなりのレベルのラーメン屋が増えてきていて、現在の六本木のラーメン事情はかなり充実しています。以前、坦々麺については書いたので、今回はそれ以外の普通のラーメンに関して、比較的最近にできた店を何店か紹介したいと思います。

まずは、ミッドタウン前の交差点近くにある「参○伍」
f0158259_2151511.jpg
味は、例えば、めん徳二代目つじ田とか庄のとかの系統に近い魚介豚骨系ですが、これらのお店よりもさらに濃厚な感じ。めん徳二代目つじ田には、昨日、久しぶりに小川町店に行ってきたのですが、最近、何度かこの参○伍に行っていたせいで、めん徳二代目つじ田のラーメンが非常にあっさりとした味に感じられました。この参○伍が最近の私の中では六本木界隈で一番お気に入りのお店。

次は、ロアビルの地下にある「渕」。「ふち」と読むんだと思ってたら(←たまにこのブログにもコメントをくださるそういう苗字の友人がいるので)、店主が長渕剛の大ファンで(店内はずっと長渕の曲がかかってる)、「ぶち」と読むのが正しいのだそうです。
f0158259_2101317.jpg
ラーメンよりもつけ麺が中心のようです(ラーメンも食べましたが、つけ麺の方がいいと思います。)。つけ麺はつけ汁の海苔の上に魚粉が乗っており、六厘舎とかの系統の魚介豚骨系の味で(六厘舎よりはあっさりしてますが)、最近流行りのよくある系統の味といえばそうなのかもしれませんが、職場の近くでこのレベルのつけ麺が食べられるのは喜ばしい限りです。日曜日も営業しているのもうれしいです。

さらに、六本木通り沿いの「紅龍」
f0158259_2182572.jpg
写真の醤油ラーメンと、さらにつけ麺も食べましたが、悪くないかなーというレベル。ロサンゼルスから逆上陸と宣伝されていて、世界のラーメン事情に関心を抱いている私としては興味を惹かれたのですが、アメリカでこのお店があったら頻繁に通うかもしれないけど、東京だと特に特筆するレベルではないのではないかと思いました。ただ、翌朝6時か7時まで営業しているようで、徹夜で仕事をしてラーメンを食べて帰りたいときなどはお勧めのお店かなとは思いました(一蘭や光麺も朝6時までやってますが。)。

最後に、写真はないのですが、やはりミッドタウン近くの「串とろ」。名前のとおり串焼きのお店なのですが、青森のご当地ラーメンも提供。その中から、「濃厚しじみラーメン」というものを頼んで食べてみたのですが、これがしじみの出汁がおいしく、なかなかでした。近くにあった穴子ラーメンもなくなってしまったし、この近辺であっさりとしたラーメンが食べたいときはよいかもしれないと思いました。

これらの新店以外にも、以前にこのブログで紹介した白兵衛とか、老舗の天鳳、さらには一風堂、光麺、一蘭といった実力派のチェーン系の店舗も健在で、現在の六本木のラーメン事情はなかなか充実してきています。おかげで、私の皮下脂肪も増えてしまいそうです。。

(追記 10月12日)
上記のとおり、六本木では頻繁にラーメンを食べているのですが、忙しくて赤坂まではなかなか足を延ばせずにいたら(←赤坂も六本木も職場から徒歩圏内なのですが、赤坂の方がやや遠いのです)、白湯ラーメンがいつの間にかこんなお店に…。無念。。
[PR]
by fbrat | 2009-10-11 02:32 | Gourmet (主として麺)

いつの間にか10月

結局、先月はブログを更新できないままでした。2年前にブログを始めて以来初めてのことです。昨日は久しぶりに全く仕事をしない休日でした。ということで、一日、読書などして過ごし、日付が変わってから、久しぶりにブログを更新しています。

8月からスカパーに加入したのですが、昨日は昼前に布団から這い出してきてテレビをつけたら、ちょうどエンジェルス対レッドソックスのプレーオフ・ディヴィジョン・シリーズをやってました。スカパーのパックに含まれているJ Sportsのチャンネルで放送していたのでした。そう書くと、以前、メッツ戦を放送していないので、ケーブルテレビに加入してまで大リーグ放送を見る気にならないと書いたのと矛盾してるだろ、と突っ込まれそうですが、スカパーに加入したのは休日に日本のプロ野球とプレミアリーグ(見られるときはCLも)の中継を見るのが主な目的だったのですが、前者について「プロ野球パック」とかいうパックに加入したら、大リーグ放送もおまけ(?)でついてきたのでした。

で、しばらく中継を見ていたら、シーズン途中でメッツからレッドソックスに移籍したビリー・ワグナーが登場。ベケットが左打ちのアイバーに2点タイムリー3塁打を浴びた後に登場したのですが、個人的にはアイバーのところで投入すべきだったのではないかと思いました。それはともかく、もうメッツのユニフォームを着たワグナーを見ることはないのだなと思うと、何となく感傷的な気分になりました。去年ワグナーが手術をし、メッツが昨オフにK-Rodを獲得した時点で、遅くともこのオフにワグナーがメッツを去ることは決まっていたわけですけど。

そのメッツは今年も残念ながらプレーオフには進めなかった…というレベルの話ではなく、終わってみたら、70勝92敗でナ・リーグ東地区4位という信じられないような成績。いろいろ理由があるにしても、WBC出場組を中心とした怪我人が多すぎたことが最大の原因。もし第3回が行われるようなら、メッツ所属の選手についてはチームとしてWBC出場禁止にすべきでしょう。いずれにしても、このオフの補強および来シーズンの巻き返しに期待したいところです。

もっとも、メッツは今年は非常に残念な結果に終わりましたが、この2ヶ月間、忙しく仕事をしている中で、貴重な息抜きの時間となったのは、それ以外の私が応援するチームたちについての、休日のTVでのスポーツ観戦でした(←もっとも、休日ですらスポーツ観戦もままならない日も結構ありましたが(涙))。

まずはチェルシー。現在プレミア・リーグ第8節までを終了して7勝1敗の勝ち点21でマンUに勝ち点2差の首位。前節のリバプール戦は、今季初めてのビッグ4相手の試合というだけでなく、不本意なパフォーマンスで開幕からの連勝が止まったウィガン戦の直後の試合、かつ、去年スコラーリ・チェルシーの低迷のきっかけとなったリバプールとの試合ということで、注目を集めましたが、結果はドログバの2アシストの活躍(決めたのはアネルカとマルーダ)でチェルシーが快勝しました。今年のドログバは自らも既に6得点を決めているのですが、絶妙のアシストを見せることも多く(トットナム戦のアシュリー・コールのゴールとか、フラム戦のアネルカのゴールとか)、それも含めて絶好調だなーという印象を受けます。まだシーズンは長いですが、この調子で引き続き頑張ってほしいです。そのドログバが(他にカルー、エシアン、ミケルも)アフリカ選手権で抜ける1月が、FIFAの不当なチェルシーに対する移籍選手の獲得禁止処分もあって選手が補強できない可能性があり、一番の不安ではありますが。

そして、なんといってもスワローズ。8月から9月にかけて、毎年5位か6位というような暗黒時代から、もう四半世紀以上このチームを応援している私も見たことがないような、球団史上初の12カード連続負け越しという歴史的大失速ぶりを見せつけられて、どうもアメリカから、豚インフルエンザ…ではなく、応援するチームがギリギリでプレーオフ出場を逃すという病気に罹患して帰ってきてしまったのかと思いました。。しかし、何とか土壇場で踏みとどまり、一昨日、CS出場の最後のイスを争う阪神との直接対決を制して初のCSを決めました。最後は、救世主ともいうべき4年目の高木のローテの定着を含めた先発投手の頑張りが大きかったと思います。3年連続でCSの3チームが同じ顔ぶれというのもなんだかなーと思うので、その意味でもよかったです。まー、負け越しでのCS進出なので、高望みはしませんが、今のスワローズは若手中心のこれからのチームだと思うので、若手選手がこれで経験を積んで成長してくれればいいなと思ってます。でも、もしCS第2ステージに進出した場合には、シーズン中いいようにやられた巨人に最後の土壇場で煮え湯を飲ませてほしいです。
[PR]
by fbrat | 2009-10-11 01:17 | Swallows/NPB