Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

The Ace

今日(27日)は数時間前までシェイスタジアムに行ってました。もし今日メッツが敗れ、ブルワーズが勝った場合には、メッツのプレーオフ進出の望みが断たれるという後がない試合。本来は、今日はローテーションの谷間で、数日前の段階では、ニース or ナイト or フィゲロアの先発が予想されていたのですが、瀬戸際のメッツは、中3日で、火曜日にキャリアハイの125球を投げたばかりのエース、サンタナを先発のマウンドへ。

この日も先日と同じLodge Reserveだったのですが、この日はバックネット裏のよい席が残っていたので、それを購入。その席からの眺めはこんな感じ↓
f0158259_7164762.jpg
この日のメッツはこれまでと打順を変えてきました。2番にベルトランをあげ、3番デルガド、4番ライト。以下も左打者と右打者が交互に続く打線。相手の継投をやりにくくし、また、得点力のあるバッターにできるだけ多く打順が回るようにするという狙いでしょうか。この期に及んでは形を気にしている場合ではないので、確率を考えて、調子のよい打者、長打力のある打者から順に並べるというのは、よい作戦のようには思います。
f0158259_7212319.jpg
さて、メッツの先発は上記のとおりサンタナ、一方のマーリンズも今季既に15勝を挙げているエースのノラスコが先発。
f0158259_7254998.jpg
↑サンタナ
f0158259_7263373.jpg
↑ノラスコ

試合は1回裏、レイエスがいきなりヒットで出塁、盗塁の後、ベルトランがヒットで続いてノーアウト1塁3塁。ここでデルガドが犠牲フライで、メッツがあっさり1点を先制。打線の組み替えが功を奏したかに見えました。この後、ライトがヒットで続き、1アウト1塁2塁とノラスコをさらに攻め立てますが、後続が続かず1点どまり。
f0158259_7305922.jpg
↑デルガド

その後、ノラスコは立ち直りますが、4回裏、マーフィーを死球で出すと、続くラモン・マルティネスが右中間を破るツーベースで、マーフィーが帰って2-0。シーズン途中でメッツに拾われ、9月になってメジャー登録されたベテランが、貴重な追加点を叩き出しました。メッツの2塁手は、イーズリーが怪我、カスティーヨとアルヘニス・レイエスが不調という状況で、代わって出場しているマルティネスが、ここ数試合、活躍を見せています。
f0158259_8121010.jpg
↑ラモン・マルティネス

一方のサンタナは、序盤から安定したピッチング。最大のピンチは5回表。審判がきわどいコースをストライクにとってくれずに苦しみ、2アウト満塁のピンチ。しかし、ここでベーカーをライトフライに切ってとって、ピンチを切り抜けます。

サンタナはその後は危なげのないピッチング。7回、8回と回は進み、9回表、スタンディング・オベーションと“ヨハン”コールの中、最終回のマウンドへ。ウィリングハムにツーベースを許すものの、後続を抑え、2-0のまま試合終了。サンタナは117球3安打9奪三振の完封劇で16勝目(ついでに5年連続200奪三振も達成。)。チーム今季最大の危機に、今季最高のピッチング。まさにエースと呼ぶにふさわしい素晴らしい投球でした。

このブログの記事を書きながら、TVでブルワーズ対カブスを見ていたのですが、つい先ほどカブスが7-3で勝利。フィリーズがナショナルズに勝ったため、ナ・リーグ東地区の優勝はフィリーズで決まってしまいましたが、ワイルドカード争いでは、メッツは再びブルワーズに並びました。これでメッツの自力でのプレーオフ進出の芽が復活(明日、両チームともが勝った/負けた場合は、1 day プレーオフ。)。明日はレギュラーシーズン最後のシェイスタジアムでの試合ということで予めチケットを購入しておいたのですが、まさかプレーオフ進出がかかった試合になるとは思いませんでした。先発予想はメッツがサンタナに続く中3日でペレス、マーリンズがオルセン。その裏で行われるブルワーズ対カブスは、ブルワーズが3試合連続中3日(!)での登板となるエースのCCサバシア、カブスも先日ノーヒッターを記録したエースのザンブラーノ。いずれの試合も予想のつかない組み合わせですが、まずはメッツ自身が勝つことが大事なので、明日はペレスの好投を期待したいと思います。
[PR]
by fbrat | 2008-09-28 08:24 | Mets/MLB

Aquagrill

昨日(26日)、一昨日は、少し前までは、そろそろメッツの優勝ないしプレーオフ進出が決まるのではないかと思って夕方以降の予定を空けておいたのですが、そんな状態ではなくなってしまいました。で、一昨日は自宅で引っ越し作業をしながらTVで野球中継を見ていたのですが、昨日は職場の後輩のHさんが遅い夏休み(?)でNYに遊びに来ていて、NYにいる職場の同僚みんなで集まって食事をするというので、顔を出してきました。

場所は表題のとおりAquagrill。SohoのSpring St.と6th Ave.の交差点にあるシーフードのお店です。グラセンのオイスターバーよりもオイスターは美味しかったですし、メインの料理も味付けが日本人好みな感じでよかったです。お奨め。
f0158259_22501354.jpg

f0158259_22503614.jpg
そして、家に帰ってきて、昨日のメッツの試合結果を確認して、また泣きたくなりました。昨日の敗戦で自力でのプレーオフ進出が消滅(ワイルドカード争いのブルワーズには1ゲーム差をつけられ、ナ・リーグ東地区の優勝を争うフィリーズとは2ゲーム差)。さすがにブルワーズがカブス相手に3連勝することはないだろうと信じて、あと残り2試合勝つしかありません。今日はこのまま天気が崩れなければ球場に応援しに行ってこようと思います。
[PR]
by fbrat | 2008-09-27 22:56 | Gourmet (主として麺)

The Phantom of the Opera

昨日(24日)は、念願の“オペラ座の怪人”を見に行ってきました。1年間、劇場と3ブロックしか離れていないところに住んでいながら、NY生活も最後の最後になってようやく足を運んだという次第。一晩寝て起きても、まだ頭の中で、あの"ター、タタタター、タタタター♪"という音楽が鳴り響いています。

事前に行ったことがある人に聞いたところでは、“感動した”、“号泣した”などという話も聞いていたので、年をとるにつれて涙もろくなっており、最近は小説やドラマ等では簡単に泣くことができる私としては、泣く気満々で見に行ったのですが、私の理解が足りなかったのか、泣くまでには至らず…。
f0158259_22444599.jpg

f0158259_22451042.jpg
それよりも、家に帰ってきて、昨日のメッツの試合内容を確認したときの方が泣きたくなりました(同点の9回裏、ノーアウト3塁→1アウト満塁で無得点で、サヨナラのチャンスを逸して延長戦で敗れ、ブルワーズにワイルドカード争いで並ばれた。)。何やってんだか…。
[PR]
by fbrat | 2008-09-26 00:46 | NYいろいろ

早変わり

昨日(24日)、(元)リーマン本社前を通りかかったら、↓のようになっていました。
f0158259_0281373.jpg
日本やヨーロッパでは、もう既に野村の看板にかけ変わったりしてるんですかねー。
[PR]
by fbrat | 2008-09-26 00:29 | NYいろいろ

Ya Gotta Believe!!

昨晩(23日)は用事があって出かけており、9時前に帰ってきて途中から野球中継を見ていたのですが、サンタナの8回125球の熱投で、メッツが6-2で勝利。ブルペンがズタズタの今のメッツの勝ち方としては、こういう勝ち方しかないという勝利でした。サンタナが8回を投げ切ったにもかかわらず、2番手フェリシアーノが9回にピンチを招きヒヤリとさせましたが、最後はアヤラが締めてメッツが逃げ切り。

さて、一昨日(22日)はアトランタから帰ってきたのですが、午後5時過ぎにラガーディア空港に着きました。ラガーディア空港からシェイスタジアムは目と鼻の先。ということで、ちょうどよい時間だし、このまま試合を生で観に行ってしまえ、ということで、連日の野球観戦となりました。ちなみに、ラガーディア空港からはQ48というラインのバスがシェイスタジアム(そしてその隣にある来年以降のメッツの本拠地シティフィールド)の近くまで行きますので、アメリカの他の都市から空路でメッツの試合を見に来られる方のご参考まで。

いつも私はシェイスタジアムではバックネット裏の3階席の前の方で見てることが多いのですが(Upper Boxと呼ばれる席)、この日はいつもと違う席から見てみようということで、1.5階席(Lodge Reserve)と呼ばれる席を購入。席からの眺めはこんな感じでした↓。
f0158259_0315555.jpg
メッツはこの日から既にナ・リーグ中地区優勝を決めたカブスとの4連戦。メッツの先発はニース、カブスはマーキース
f0158259_0323599.jpg
↑ニース
f0158259_033211.jpg
↑マーキース

試合は、ニースが途中からストレートのコントロールがままならなくなり、メッツが2-1とリードした4回表に、満塁から、なんと投手のマーキースに満塁ホームランを浴びて2-6。救援したフィゲロアがさらにデレク・リーに一発を浴びて2-7、さらにカブスが5回にも追加点で2-8。

その後、メッツは2度の併殺などでチャンスを潰し、ようやく7回裏にライトの2ランホームランで4点差に詰め寄るも、9回表にこの負け試合でなぜかアヤラを投入して(←調整登板?)、逆に追加点を奪われ、5-9。9回裏にメッツは1点を返してなおも攻め立て、2アウトからカブスのストッパー、ケリー・ウッドを引きずり出すも、打順はカスティーヨで、ウッド相手になすすべなく三球三振でゲームセット。
f0158259_0335627.jpg
↑ホームランを打ってベンチに迎えられるライト

さすがにルーキーのニースには、カブス相手のこの大事な試合の先発は荷が重すぎたでしょうか。意に反して、ニースのメジャー初勝利のみならず、初黒星まで生で目撃することになってしまいました。

一昨日はフィリーズ、ブルワーズともに勝利、昨日はフィリーズが敗れ、ブルワーズが勝ったため、現時点でメッツはナ・リーグ東地区では1.5ゲーム差の2位、ワイルドカード争いは1ゲーム差のトップ。昨日は敗れたものの、このところいい試合を続けているフィリーズに残り5試合で追いつくのは難しい気もしますし、メッツがモタモタしている間にブルワーズがまた息を吹き返してきてしまった感もあり、現状のメッツの戦いぶりからは、ワイルドカード争いも十分きびしい気がします。でも、泣いても笑っても残り5試合、今年こそプレーオフに進出してくれるものと選手たちを信じたいと思います。
f0158259_0344374.jpg

[PR]
by fbrat | 2008-09-25 00:36 | Mets/MLB

Atlanta遠征 その2 ~ World of Coca Cola

野球を見る以外にアトランタに行ったら行きたいと思っていた場所が、ここ、World of Coca Cola。以前、私がラーメンのみならず、実はコーラ好きである(←体に悪い組み合わせだ…。)という記事を書いたことがありましたが、アトランタに行ったからには、コーラの聖地ともいうべきこの場所にぜひ参拝しなければ、ということで、野球を見た翌朝(22日)、やってきました。
f0158259_23595639.jpg
休日などは非常に混むらしいと聞いて、事前にネット上でチケットを購入していったのですが、月曜の朝だったので、多少、開場を待っている人はいたものの、チケットを予め買ってきた人はあまりおらず、一番乗りで建物の中へ。

中はシアターが3つ。他にもさまざまな展示物が。
f0158259_2357487.jpg

f0158259_23541355.jpg

f0158259_23543826.jpg

f0158259_23591250.jpg

f0158259_23563152.jpg

f0158259_2353375.jpg
↑実際に使われてた自販機というよりは、いくつかの日本でのキャッチコピーを組み合わせたのではないかという感じの自販機。"Drink Coca Cola"を"飲みましょう"って訳してたのっていつの時代の話でしょうか。

そして、目玉はなんといっても各国のコーラや清涼飲料水を試飲できるコーナー。
f0158259_23454813.jpg

f0158259_23452898.jpg
↑なぜか日本代表はこの2つ。
f0158259_23511881.jpg
3月のペルー旅行以来、久しぶりにインカコーラを飲みました。
f0158259_23515063.jpg
↑実際に飲んでみた各国の飲み物の中で、一番気に入ったのがこのイタリアのBeverly。甘くないグレープフルーツソーダという感じで、他が甘い飲み物が多かったせいかもしれませんが、一番印象に残りました。他においしいかなと思ったのは台湾のファンタ・アップルキウイ。
[PR]
by fbrat | 2008-09-25 00:02 | Journey

Atlanta遠征 その1 ~ Gone with the Losses(本当は"Gone with the Wins"と書きたかった)

ヤンキースタジアム最後の試合が行われた9月21日、私はアトランタにいました。

アトランタといえば"風と共に去りぬ"が有名ですが、私がアトランタに行ったのは、これに関連した名所を訪ねるため…のわけがなく、メッツの今季最後のロードの試合を観にアトランタまで行ってきました。

早朝の飛行機でNYを出て、遠路はるばるやってきました、ターナーフィールド↓
f0158259_23233732.jpg
早めに球場についたので、球場の中をうろうろしていたら、各年度のブレーブスの選手の集合写真が飾ってあったのですが、1982年、ナショナルリーグ西地区を制したブレーブスのメンバーの中に、懐かしい顔が…。
f0158259_2324784.jpg
そう、赤鬼ボブ・ホーナー。来日して2試合でいきなり衝撃の4ホーマー。日本ではスワローズファンである私が初めてメジャーリーグに関心を持ったのは、このホーナーの活躍がきっかけでした。

この日の座席からの眺めはこんな感じ↓。"Best available"と言って注文したのですが、このグラウンドにかなり近い席で70ドル。reasonableです。
f0158259_23262653.jpg
両軍の先発は、メッツがペルフリー、ブレーブスがパー。
f0158259_2327310.jpg
↑ペルフリー
f0158259_23274314.jpg
↑パー

試合は、1回表、レイエス、マーフィーがあっさり倒れて2アウトとなるも、ここからライトが四球、デルガドのツーベースでメッツが1点を先制。この後も、ベルトラン内野安打、チャーチ四球で満塁とすると、カスティーヨが押し出しの四球を選んで2-0。
f0158259_23281541.jpg
↑デルガド

しかし、この日のペルフリーは立ち上がり制球に苦しみます。1回裏、安打や四球で満塁とすると、インファンテへの死球で押し出し。2-1。

2回表、メッツは、ペルフリーが自ら四球を選んで出塁すると、後続が続かず、2アウトとなるも、ライトがバックスクリーン横にライナーのホームランを叩き込んで、4-1。
f0158259_23283967.jpg
↑ライト

しかし、2回裏、フランコアのツーベース、昨年までメッツのゴーテイのタイムリーでブレーブスが1点を返し、4-2。

その後、試合は膠着状態が続きます。メッツは何度かチャンスを作ったものの、追加点を奪えないまま。嫌な流れだなーと思っていると、7回裏、ペルフリーが先頭打者のブランコを四球で出します。ここで、メッツは投手交代。個人的にはまだ続投でいいのではないかと思ったのですが…。出てきたのは、ストークス。最初に対戦したノートンにヒットを浴びてノーアウト1塁2塁。送りバントの後、プラドの犠牲フライでブレーブスが1点を返し、4-3。

そして、毎度お馴染みのメッツリリーフ陣崩壊のクライマックスは8回裏にやってきました。ショーンワイスがインファンテにツーベースを浴び、コッチマンの当てただけの打球がライト前に落ちて4-4の同点。ここで右のフランコアというところで、右打者対策で登板したスミスがスリーベースを浴びて、4-5と逆転を許します。そして、フェリシアーノを挟んでハイルマンが出てきて更に2点を失い、試合を決定づけました。

9回表、メッツの反撃。ブレーブスは抑えのマイク・ゴンザレス。1アウトからライトが四球で出塁すると、デルガドが特大の2ランホームランをライトスタンドへ叩き込んで6-7と1点差に迫ります。しかし、後続が続かずゲームセット。
f0158259_2329727.jpg
↑ホームインするデルガド

メッツはブレーブス相手に9月の3連戦を続けて負け越しで、合計2勝4敗。一方でフィリーズはブレーブスに対して9月の5試合をここまで4勝1敗。メッツ戦ばかり張り切ってフィリーズには負けっぱなしのブレーブスを非難するのはたやすいですが、今のブレーブスなどに負けるメッツが悪いということなのでしょう(実際、試合展開もメッツが自滅してる感じの試合が多い。)。

ESPN(アメリカのスポーツ局)のサイトに興味深い記事がありました。野球が6回までのスポーツなら、現時点でナ・リーグ東地区はメッツが11.5ゲーム差でリードしていることになるそうです。結局、メッツとフィリーズの差は、7回以降のリリーフ陣の差に尽きるということです。

メッツのリリーフ陣の、誰が出て行っても打たれる現在の状態は、もはやリリーフ陣の個人個人を責めても仕方のないことで、チーム構成の問題です。フィリーズは昨年ナ・リーグ東地区を制したものの、オフに入るなり抑えのリッジをトレードで補強。今シーズンに入ってからも、首位を走りながら、先発投手陣が足りないとみるやトレードでジョー・ブラントンを補強。一方のメッツは、もちろんサンタナの獲得は大きかったですが(サンタナがいなければ今ごろはもうシーズンが終わっていたかもしれません)、昨年から欠点と言われていたリリーフ陣についてはまともな補強をしないままここまで来てしまいました。フィリーズの方がマイナーリーグに多くのプロスペクトを擁しており、トレードの駒が豊富だったという事情はあるにせよ、現状の差はフロントの姿勢の差がそのまま順位に表れている気がします。
[PR]
by fbrat | 2008-09-24 23:37 | Mets/MLB

鴨つけ麺@一風堂NY店

こないだの土曜日(9月20日)の夕飯は、久しぶり(=1週間以上ぶり)に一風堂へ。赤丸か味噌ラーメンを食べるつもりで行ったのですが、秋の限定メニューで鴨つけ麺というメニューがあったので、それを注文。

で、出てきたのがこれ↓
f0158259_22131438.jpg
見た目もそばっぽいですが、味もなんとなく鴨南蛮そばっぽい感じ。$18と高いので、これならそば屋で鴨南蛮食べた方がいいかな、という感じでした。

よかったのは、スープ割りを頼んだら、鴨からとったらしい出汁が別の器で出てきて、これで自分で割って飲んでくださいと言われたこと。試しに出汁だけで飲んでみたのですが、おいしかったです。私はうどんやそばについては鴨南蛮が好きでよく食べるのですが、鴨の出汁はいろいろな物に合いそうな気がします。…って、こんなこと書いてたら、久しぶりに赤坂・竹亭の鴨ラーメンが食べたくなってきてしまいました。
[PR]
by fbrat | 2008-09-24 22:25 | Gourmet (主として麺)

Island Burgers

Burger Jointの話を書いて思い出したのですが、Burger JointはNYでも最も評判の高いハンバーガー屋の1つなのですが、そのBurger Jointよりも個人的にはお気に入りのハンバーガー屋が、このIsland Burgers@9th Ave(between 51st St. and 52nd St.)。Burger Jointよりもハンバーガーの大きさが大きく、肉汁もたっぷりな気がしておいしいです。
f0158259_21584422.jpg

[PR]
by fbrat | 2008-09-24 22:01 | Gourmet (主として麺)

Picnic@Central Park

こないだの土曜日(9月20日)、NY滞在中の職場の同僚たちでセントラルパークにピクニックに行きました。大の大人が揃ってピクニック?と思われるかもしれませんが、Kさんご夫妻、Aさんご夫妻、Fさんはお子さん連れでの参加で、そうした家族同士の集まりに、私のような独り者(私の他にさらに独り者2名)も参加させていただいたという次第です。

アパートを早めに出て、セントラルパークまでは徒歩で行くことにしました。7番街に出ると、屋台がたくさん。NYでは、ときどき何のお祭りか分からないのですが、休日に突如として通りに屋台がいくつも出現して何かのお祭りが行われていることがあります。
f0158259_21522421.jpg
昼ごはん持参で、とのことだったので、ハンバーガーでも買っていこうと、Le Parker Meridien(ホテル)の1階にあるBurger Jointへ。ホテルの一角にこんな↓ハンバーガー型の明かりがついていて、やや分かりにくい場所にあります。
f0158259_215397.jpg
中はこんな感じ↓
f0158259_21533971.jpg
さて、ピクニックはコロンバスサークル北東のセントラルパーク入り口で待ち合わせ。そこから、てくてくと歩いて、シープメドウと呼ばれる公園内の広場へ。
f0158259_21544570.jpg

f0158259_2155771.jpg
もう日陰だと肌寒い陽気なのですが、日向ではビキニで日光浴をしてる人などもいました。子供用に持ってきたはずのボールで遊んだりして、久しぶりに(ごく軽くですが)運動した気がしました。私の普段の生活はセントラルパークより南の地域で完結してしまっていて、なかなか何かないとセントラルパークにはやってきたりしないので、NYを去る前に、こうした形でセントラルパークでのんびりとした休日の午後を過ごすことができてよかったです。企画していただいたKさんご夫妻、ありがとうございました。
[PR]
by fbrat | 2008-09-24 21:55 | NYいろいろ