Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Londonいろいろ( 8 )

卵に注意!!

ロンドンは、一昨日(4月1日)、昨日とG20サミットが行われていて、それに併せてデモなどの抗議活動も行われていたため、警察が出動して厳戒体制でした。

数日前から、私の勤務先などでも注意喚起がなされていて、デモ隊とかから狙われたりしないように、通勤時にはスーツを着てこない方が望ましいというようなアドバイスがメールで流れてました。City(ロンドンの金融街)でスーツとか着て歩いてると、ウォール街と並んで世界経済を混乱に陥れた悪どいCityの一員だと思われて狙われるということなんでしょうか。本当は、ただのしがないラーメン好きなのですが。卵とか投げつけられたりするというような話もあって、もし卵が飛んでくるなら、ラーメン好きとしては、チキンラーメンでこれを受け止めたりしたいところでしたが、多分そんな余裕はなかったと思われます。実際には、私も、アバクロのパーカーにジーンズといったNYのロースクール時代に戻ったようなカジュアルな格好でこの2日間は通勤してました。

私の職場はロンドンブリッジのたもとにあって、後でニュースを見たところでは、私の職場の前もデモ隊が通過していったようなのですが、通過してしまった後は、至って平穏で、私が帰る頃の時間にはすっかり混乱は収まってました。交通機関も影響を受けていたようですが、私は徒歩通勤なので影響なし。ただ、ところどころで警察から尋問を受けている人とかいて、中には足から血を流した人などがいたのはギョッとしましたが。あと、私の職場の前はデモ隊が通過してっただけでしたが、デモの中心となっていたのは、職場から徒歩5分ほどのBank of Englandの前あたりなどのようで、実はそれほど遠くないところで大騒ぎになっていたようです。

昼食時に職場の食堂でニュースを見ていたら、英国企業として史上最大の赤字を計上して公的資金が投入されながら、退任したCEOが巨額の退職年金を受け取ることが明るみに出て批判を浴びたRBSのビルが、襲われて窓ガラスを割られたりする映像が映ってました。一緒にいた同僚は、あー、あれ直すのにも税金が使われるのか…とぼやいてましたが、至極まっとうな意見だと思います。不況でいろいろな鬱憤がたまってて、ただ騒ぎたいだけの人も相当程度含まれていたのかもしれません。全くG20とは関係ないようなデモとかも行われていたみたいだし。
[PR]
by fbrat | 2009-04-03 09:22 | Londonいろいろ

The Phantom of the Opera(控え室)

Yさん夫妻は火曜日まで(つまり今日まで)ロンドンにいらっしゃるということで、私もどうせ夜はヒマなので、月曜日も夕飯をご一緒しようという話になりました。で、Yさん夫妻は、オペラ座の怪人を見に行くという話だったので、その後に食事をご一緒することにして、私も少し早めにその近くに来て、しばらく隣のThe Sports Cafeでサッカーなどを眺めた後、もうすぐ終わりかなと思って、外に出てきて待ってました。

が、思ってたよりもオペラ座の怪人が長く(自分が見たときはもっとあっという間な気がしたのに…)、なかなか終わらない感じだったので、劇場の北側の通りなどの方をうろついていたら、なんと、通り沿いに出演者の控え室があることを発見。
f0158259_7292663.jpg
真ん中の人は後ろ姿からしてマダム・ジリーと思われます。あとの2人は不明ですが…。

いずれにしても、控え室などは、もっと見えないようなところにあるのだろうと思ってたので、意外だったのとともに、少し得した気分になりました。
[PR]
by fbrat | 2009-02-18 07:35 | Londonいろいろ

Petticoat Lane Market

先週末にトットナムvsアーセナル戦を見に行った際に、早めに出て、時間があったので、ふだん徒歩で行くには若干遠いのですが、家からLiverpool Street駅まで歩いていていきました。で、その私のアパートからLiverpool Street駅の方に抜ける道の途中が、ちょうどこのペチコート・レーン・マーケットになっています。

家から近いものの、今まで行ったことはなかったのですが(お店の出ていない夜に通ったりしたことがあっただけ)、たまたま通りかかったら、日曜日でお店がたくさん出ていたので、写真を撮ってきました。
f0158259_16522158.jpg
見る人が見れば掘り出し物とかあるのかもしれませんが、私が見た限りでは、それほどよさそうな物がありそうにありませんでした。まー、私はファッションとかには全く疎いので、この点の意見は全く参考にならないと思いますが。こちらは食べ物とかはあまりないので、花より団子な私としては、同じmarketでもバラ・マーケットの方が全然お勧めです。
[PR]
by fbrat | 2009-02-13 16:57 | Londonいろいろ

The Phantom of the Opera in London

知り合いから、ロンドンの方がいいですよ、と言われていたので、NYでも見たものの、ロンドンでもぜひ見たいと思っていた「オペラ座の怪人」。そう思っていたところへ、今週の月曜日、お誘いをいただいたので行ってきました。

ロンドンの「オペラ座の怪人」はHer Majesty's Theatre(名前からしてイギリスっぽい)という劇場で上演されてます。ピカデリーサーカスの近く、The Sports Cafeの隣。
f0158259_8175893.jpg
上記のとおり、NYでも見たのですが、知り合いの言っていたとおり、ロンドンの方がよかったです。NYで見たときよりも席がよく、より迫力が伝わって来やすかったというのもあるかもしれませんし、一度見ていてストーリーを理解していたからというのもあるかもしれませんが、なんかロンドンの方が格調があるというか。NYの方が怪人がメソメソしすぎていたからかもしれません(私が見たときがたまたまそうだったのかもしれませんが。)。いずれにしても、NYで見たとき以上に楽しめました。

ミュージカルの後は、近くのチャイナタウンで夕飯を食べて帰りました。Chinese New Yearということで、飾り付けがなされてました。去年、NYのチャイナタウンにパレードを見に行ったことを思い出しました。
f0158259_8224248.jpg

[PR]
by fbrat | 2009-01-30 08:22 | Londonいろいろ

A Happy New Year!! 2009

年越しラーメンで腹ごしらえをして、向かったのはロンドンアイとその周りで打ち上げられるという年越し花火。

大晦日の日中に職場で聞いたところ(←こちらは休暇が年末年始よりもクリスマスがメインなので、大晦日も会社等のオフィスは開いているところが多いようです。もっとも、クリスマスから年末年始にかけてまとめて長期の休暇をとっている人も多く、また、イギリスでも元旦は祝日です。)、遅くとも9時前に行かないとよい場所から見られないと聞いたので、8時ころ現地に向かいました。

途中、トラファルガー広場を通ると、こちらも大画面等が設置され、年越しのカウントダウンの用意が進んでいました。
f0158259_649244.jpg
8時ころロンドンアイの対岸のテームズ側沿いのエリアに着くと、もう既に人がいっぱいでごった返していました。↓は到着してからしばらくしてから(8時半ころ)撮った周囲の写真
f0158259_6513584.jpg
肝心のロンドンアイはライトアップされ、すぐ隣のビルがスクリーンとして使われていろいろな画像が映し出されていました↓。
f0158259_6534039.jpg
着いたときからずっと会場付近は音楽が流れていて、午後10時くらいからはBBCラジオのDJの選曲による曲がかかり始めました。古い曲も新しい曲も含めていろいろな曲がかかってましたが、それにしてもChumbawanbaのTubthumpingなんて久しぶりに聞きました。みんな口ずさんでましたが、当時は売れたもんなー。

ロンドンアイも途中で下からもライトアップされ、より明るく。
f0158259_7101593.jpg

途中で市長などからのメッセージも。
f0158259_7112834.jpg
↑左側のスクリーン代わりのビルに映ってるのが現ロンドン市長。

4時間近く待ったあげく、いよいよ10分前
f0158259_7132362.jpg
5分前
f0158259_7141234.jpg
60秒前を過ぎて、カウントダウン開始
f0158259_715630.jpg
30秒前
f0158259_7154242.jpg
10秒前
f0158259_7162485.jpg
5秒前
f0158259_7165269.jpg
そして
f0158259_7201843.jpg

f0158259_7203769.jpg

f0158259_7205457.jpg

f0158259_721127.jpg

f0158259_7214313.jpg

f0158259_72233.jpg
花火は10分ほどで、始まるまでは寒空の下(気温は、待ってる途中で近くの人がiPhoneでチェックしてましたが、午後9時ころで既に-2℃でした。)4時間も待ったのに、あっという間でした。でも待っただけの甲斐もあった気がします。

今年も1年間頑張っていきたいと思います。
f0158259_7251882.jpg

(追記)
その後、ネットでChumbawanbaについてさらに検索してたら、なんとTubthumpingはチェルシーが負けたときにスタンフォードブリッジでかかる曲なんだそうです。まだ負けたのは見ていないので(今後も見たくない)、聞いたことがありませんが。でも引き分けだとどうなんだろう。なんか聞き覚えのあるような曲がかかってたような気もするけど、記憶が定かではありません…。
[PR]
by fbrat | 2009-01-02 07:26 | Londonいろいろ

ロンドン観光(2 Days)

ここのところ、遊びに行くのに忙しくて、遊びに行ったことをブログに書く余裕がないままでしたが(留学時代と違って平日の日中は仕事だし)、少し落ち着いたので、最近の出来事から順に振り返っていってみたいと思います。

先週末、日本から妹たちがやってきました。クリスマス前の週末を兄妹で過ごすとはなんだかなー、という感じですが、それはともかく、なかなか1人では観光はしないので、いい機会ということで、この週末は一緒にロンドンを観光して回りました。

以下、週末2日間で回ったところを写真だけ。
f0158259_4315441.jpg
↑バラ・マーケット
f0158259_434474.jpg
↑ナショナル・ギャラリーとトラファルガー広場
f0158259_4353646.jpg
↑ハロッズ
f0158259_4362857.jpg
↑ヴィクトリア&アルバート博物館
f0158259_4371951.jpg
↑自然史博物館(外から見ただけ)
f0158259_438818.jpg
↑セルフリッジ
f0158259_4384211.jpg
↑タワーブリッジ(渡っただけ)
f0158259_4394840.jpg
↑ロンドン市庁舎(外から見ただけ)
f0158259_4403453.jpg
↑また、バラ・マーケットを通って(『地球の歩き方』には木~土にオープンと書いてあったのでやってないかと思ったけど、クリスマス前だからか日曜もやってました)
f0158259_4423563.jpg
↑テート・モダン
f0158259_443229.jpg
↑テート・モダンの最上階のレストラン/カフェでお茶して
f0158259_4442983.jpg
↑ミレニアム・ブリッジをセントポール大聖堂を目指して渡って
f0158259_4454491.jpg
↑セントポール大聖堂正面に回りこみ(中にも入った)
f0158259_447570.jpg
↑買い物をしにオックスフォードストリートへ
f0158259_448187.jpg
↑リージェントストリート
f0158259_4484068.jpg
↑リバティ
f0158259_4492241.jpg
↑ボンドストリート
f0158259_4501911.jpg
↑フォートナム&メイソンで少し遅めのアフタヌーンティー(本格的なやつではありません。ちなみにかなり暗いけどまだ4時過ぎ)
f0158259_4513659.jpg
↑ロンドン・アイ
f0158259_4522173.jpg
↑ロンドン・アイからの夜景その1
f0158259_45302.jpg
↑ロンドン・アイからの夜景その2
f0158259_4533778.jpg
↑夜のトラファルガー広場
f0158259_4542239.jpg
↑夜のレスタースクウェア
f0158259_4551665.jpg
↑夜のピカデリーサーカス
f0158259_4554869.jpg
↑夜のリージェントストリート
[PR]
by fbrat | 2008-12-23 04:59 | Londonいろいろ

Tate to Tate

先週の土曜日はTate ModernとTate Britainに行ってきました。ラーメンや野球に関する知識に比べると美術等についての素養は皆無に等しい私ですが、そんな私でも興味のあるFrancis Bacon展が来年の1月4日までと聞いたので、それが終わらないうちに行っておこうと思ったという次第です。

現代美術のアーチストなので、やってるのはTate Modernだろうと思って、まず朝一でTate Modernにやってきたのですが、Tate Modernの入り口で聞いてみると、なんとBacon展をやってるのはTate Britainとのこと。よく確認せずにやってきた私がいけないのですが、もともとこの日は1日使ってTate ModernとTate Britainの両方に行くつもりで出てきたので、まずTate Modernを見ていくことに。
f0158259_6121913.jpg

Francis Bacon展はTate Britainの方だったものの、こちらにもBaconの作品はいくつかあり、それ以外にもさまざまな現代美術の作品があり、なかなかよかったです。特別展はClido MeirelesというブラジルのConceptual Artの美術家と、Mark RothkoというNYなどを舞台に活躍した現代美術家で、後者の方が有名なようでしたが、赤と黒の組み合わせを主とした2色の抽象画ばかりで、正直、私にはよさがまったく理解できませんでした。前者の方が、作品が絵ではなく、実際の展示物の中に入れたりしたこともあって個人的には面白かったです。

昼も近くなってきたところでお腹が空いたので、最上階のレストランへ。Tate ModernはSt. Paul’s Cathedralとテムズ川をはさんで向かい側にあり、レストランからの眺めはなかなかよいです。ちょうど私が席に座ったときは、私と窓との間に男性同士のカップルが陣取ってしまっていたのですが、彼らが帰った後で、写真を1枚↓
f0158259_6263341.jpg

さて、この記事のタイトルが"Tate to Tate"なのは、Tate ModernからTate Britainに行ったからなのですが、実はTate ModernとTate Britainの間を結ぶ船の名前がそういう名前なのです。40分に1本の割合で、それぞれの美術館の近くの船着場から船が出ています。

船はこんな感じ↓
f0158259_630690.jpg

一方の船着場からもう一方の船着場までの所要時間は20分ほどなのですが、その間、テムズ川の上から、川沿いのいろいろな観光名所等の眺めを楽しむことができ、ロンドン観光をするのにもなかなかお勧めのコースであるような気がします。

船の中から撮ったロンドン・アイ↓
f0158259_6322952.jpg

で、お目当てのFrancis Bacon展をやっているTate Britainにようやくやってきました。
f0158259_6334818.jpg

Tate Britainの方はイギリスの古い時代の絵から現代美術まで幅広い時代の絵画が展示されています。Tate Modernよりは万人受けしそうなラインナップです。そんなTate Britainの絵画の中で(Bacon展以外で)私が最も気に入ったのは、豊富なJ.M.W.Turnerのコレクション。NYのFrick Collectionで見て以来、すっかりお気に入りなのですが、また見に来ようと思いました(ちなみに、ロンドンの美術館等は常設展は無料なのです。)。
[PR]
by fbrat | 2008-12-05 06:41 | Londonいろいろ

Borough Market

現在、私はロンドンの法律事務所で研修という形で働いているのですが、研修先のオフィスはロンドンブリッジの北の端にあります。ロンドンは雨が多く、なかなかきれいに晴れる日は多くないのですが、きれいに晴れた日は、ロンドンブリッジからの眺めはなかなかなものがあります。
f0158259_5344654.jpg
↑向こうに見えているのはタワーブリッジ

そのロンドンブリッジを南側に渡ると、近くにBorough Marketと呼ばれる市場があります。「市場があります」といっても、このようなストリートマーケットは週末しかやっていないようなものも多く、このBorough Marketも木曜日から土曜日にかけてしか開いていません。今日(4日)は木曜日で、かつ天気もよかったので、研修先の同僚たちと昼食を食べに行ってきました。

一緒に行った同僚たちの話だと、金曜日はまるでサッカー場のような混雑とのことですが、今日は木曜日だったので、そこまで混んではおらず、でもある程度は賑わっていて、マーケットの雰囲気も楽しむことができ、よかったです。

私がこのマーケットに来たのは初めてだったので、同僚たちに案内されるままに、パスタを食べ、オイスターを食べ、食後のデザートにブラウニーを買って帰ってきたのですが、いずれも下手なレストランとかで食べるよりはよほどおいしく、よかったです。同僚たちによれば、市場が開いていない日でも周りにもおいしいレストランが多いということで、せっかく職場の近くのエリアなので、今後も通うことになりそうです。
f0158259_545442.jpg

f0158259_5464224.jpg

f0158259_547161.jpg

f0158259_5471916.jpg

[PR]
by fbrat | 2008-12-05 05:49 | Londonいろいろ