Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

牛角 in NY

まだまだ続くよ、肉シリーズ。ということで、昨日(8月5日)は、NYの牛角に初めて行ってきました。

牛角といえば、日本では、お手頃な焼肉屋さんという感じですが、なぜかNYではやや高級。デートスポットだなどという話も聞きましたが、一緒に行ってくれる人もいないので、まあ、昼なら1人で行っても平気だろうということで、ランチを食べに行ってきました。

何店舗かあるみたいですが、私が行ったのは50丁目と3番街の交差点の牛角。高級というだけあって、外観からして、ややおしゃれな感じ。だいたい日本ではブティックの上に焼き肉屋というのは考えられません(↓の写真の2階。1階はbebe。)。
f0158259_2372631.jpg

中に入ると、アメリカ人の店員さんが“オキャクサマノトウライデス(←1人)”、“イラッシャイマセー(←みんな)”、とつたない日本語で迎えてくれます。「お客様の到来」とはあまり言わない気もするので、もしかすると“お客様のご来店です”の“店”が抜けて、“オキャクサマノゴライデス”になってたのかもしれません。自分が入った後も、他の客が来るたびに繰り返し言ってたので耳に残りました。日本人っぽい客だけでなく、すべてのお客さんに言ってました。

内装はこんな感じ↓
f0158259_23143212.jpg

注文したのはランチメニューの“牛角セット”なるメニュー。牛タン2きれ、カルビ4きれ、何だかわからないけど厚めの肉2きれとマグロの切り身2つ+ご飯+わかめスープ+サラダ+デザートで20ドル。お肉は量的には全然物足りないですが、味は脂が乗ってる感じで、こちらに来て食べた肉の中では、一番日本で食べる肉に近く、結構いいかも、と思いました。腹が減ってたので、料理が運ばれてくるなり食べ始めてしまったので、料理の写真はありません。
[PR]
by fbrat | 2008-08-06 23:26 | Gourmet (主として麺)