Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

つけ麺@一風堂NY店

今日の昼はせたが屋でつけ麺を食べたのですが、そういえば、だいぶ前に一風堂でつけ麺を食べたのに感想を書いてなかったことを思い出したので、ここで書いておこうと思います。

日本の一風堂にはつけ麺はないので、醤油ラーメンや味噌ラーメンとならび、NY店の独自メニュー。もっとも、一風堂の系列店である五行のつけ麺は結構おいしいので(←五行は、焦がし味噌とか焦がし醤油とかが有名で、人により好き嫌いが分かれるのですが、それ以外の塩ラーメンやつけ麺も結構おいしく、むしろ万人受けするのではないかという気がします。)、期待して食べに行きました。

で、出てきたつけ麺はこれ↓
f0158259_1016429.jpg

見た目はなかなかおいしそうで期待したのですが、食べてみたところ、そんなでもなかったというのが正直な感想です。酸味が強くて、他の風味とかがあまり感じられないというか。

たぶん、つけ麺を有名にした大勝軒の影響なんじゃないかと思うのですが、つけ麺は酸味がある味付けにしているお店が日本でも多いのですが、ときどき酸味が強すぎることがあります。私は酸っぱいものはそれほど好きではないので、つけ麺は別に酸味が利いていなくても構わないのではないかと前から思っており、逆に酸味が強すぎるものは個人的には評価が低いです。

一風堂NY店のつけ麺は、酸味が「強すぎ」というほどまででもなかったような気もしますが、あまりおいしいとは思えませんでした。ということで、その後、つけ麺は、もっぱら、せたが屋で食べています。もっとも、一風堂NY店のつけ麺の方がおいしかったという感想も聞いたので、人によって評価は分かれるかもしれません。
[PR]
by fbrat | 2008-05-24 10:23 | Gourmet (主として麺)