Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

Koreanな1日

昨日(5月21日)は、↓に書いたとおり、NYUのロースクールの卒業式だったのですが、卒業式の後、日本人LL.M.の人たちで連れ立って、昼食を食べに韓国料理屋に。Madison Square Gardenの近くにはKorean Townがあって韓国料理屋がたくさんあり、私はもっぱら32丁目沿いにあるお店に行くことが多いのですが、昨日は、Yさんご夫妻&Fさんお勧めの、35丁目(5番街と6番街の間の北側)のお店、Cho Dang Golに。

Cho Dang Golは、Fさんのお話では、NYUで一緒の韓国人のLL.M.生がNYで一番おいしいといっていたという話で、その評判にたがわずおいしかったです。実際、私たちの後から、韓国人のLL.M.の人たちもお店にやってきました。私たちは、チヂミ、プルコギ、キムチ鍋、石焼ビビンバに、大根をスライスしたもので豚肉、キムチ、野菜等を包んで食べるもの(←正式な名称が分かりません。メニューには日本語のメニュー名も記載されていて、それには“ヘルシー包み”という変な名前がついていたのですが…。)を頼んだのですが、いずれもおいしかったです。
f0158259_8344226.jpg

f0158259_8351868.jpg
↑Cho Dang Golの入口と中の様子

その場で一緒だったIさんとKさんから、35丁目では、Cho Dang Golの隣のお店もサムゲタンがおいしいと聞きました。これまでは、32丁目のお店には何軒か行ったことがあったものの、35丁目には来たことがなかったので、お店のレパートリーが増えました。

昼食をとった後、卒業式の後にNYUでレセプションがあるという話だったので、IさんとTさんと一緒にNYUに向かいました。ところが、着いてみると、レセプションは卒業式の直後から始まっていて、既にほぼ終わりかけた状態。昼ごはんをゆっくり食べすぎたようです。仕方なく、しばらく、その場にいた友人や、Iさん、Tさんと話し込んでいました。

しばらく、Iさん&Tさんとラウンジで話し込んでいると、そのうち、徐々に周りの人たちもいなくなり、掃除係のような人たちがやってきたので、私たちも帰ることにしました。IさんとTさんとは大学で別れて、1人で帰ってきたのですが、もう夕食にちょうどよさそうな時間になっていたので、何を食べるかな、と考えたところ、他に特に食べたいものも思いつかなかったので、先ほどIさんとKさんから聞いたサムゲタンのおいしい店に行ってみることにしました。

で、数時間ぶりに35丁目に戻ってきました。↓がそのお店。
f0158259_838760.jpg

で、おいしいと評判のサムゲタンを注文。
f0158259_8385914.jpg

鶏をじっくりと煮込んだとろりとしたスープでおいしかったです。

日本で水炊きを食べたときにも思ったのですが、鶏を煮込んだおいしいスープを食べるたびに思うことが、これをラーメンに使ったら、すごいうまいだろうな、ということ。実際、日本では、鶏ガラをじっくり煮込んだ鶏白湯といわれるスープのラーメン屋が最近やや増えているのですが、なかなかこれはおいしいというお店に出会えません(何軒か、雑誌で読んで行ってみたいと思って、行けていないままのお店もあるのですが…。)。実は、数年前まで、赤坂に「鳳」というお気に入りの鶏白湯ラーメンのお店があったのですが、私の通い方が足りなかったのか、潰れてしまいました。それ以来、なかなか鶏白湯でお気に入りのお店が見つけられず…。

ある鶏白湯ラーメンのお店の店主が雑誌のインタビューに答えて言っていたことですが、“豚骨ラーメンはイスラム教徒が食べられず、牛骨でだしをとったラーメンはヒンズー教徒が食べられない。そういう意味で鶏白湯は世界中で通用する可能性があるラーメンである”と。そのようなポテンシャルを秘めた鶏白湯ラーメンだけに、おいしいお店が増えてくれることを期待したいと思います。まあ、NYでは当分食べられないと思いますけど。
[PR]
by fbrat | 2008-05-23 08:52 | Gourmet (主として麺)