Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

俺はジャイアンツが大っ嫌いだ

もちろん、この「ジャイアンツ」は巨人のことです。

今日(8月22日)はふと思いついて、ふらっと神宮球場に行ってきたのですが、試合途中に、「俺はジャイアンツが大っ嫌いだ」という垂れ幕(?)を持ったおじさんが、スクリーンに映し出されていて、ヤクルトファンの喝さいを浴びてました。

なぜ今日野球を見に行ったのかといえば、由規が先発だったので。ヤクルトの期待の星を一度早いうちに生で見たいと思っていたのですが、最近仕事が忙しくなってきて、平日に野球を見に行くのはなかなか難しいところ、ここのところ由規は日曜日の先発が続いていたのですが、今日は土曜日で先発予想に由規の名前が挙がっていました。で、この後さらにローテーションがずれて、平日の先発になってしまうと(←ローテーションを5人で回すと、普通1週間に6試合なので、1つずつ曜日が前になる)、見に行けなくなってしまうと思ったので、今日見に行ってきたのでした。

ということで、やってきました神宮球場。
f0158259_23195238.jpg
空いていたら内野の指定席で見ようと思っていたのですが、さすがに土曜日の巨人戦、試合直前に球場に着いたところ、既に指定席は売り切れでした。

ということで、外野自由席で観戦。席からの眺めはこんな感じ↓
f0158259_23213152.jpg
さて、お目当ての由規。外野からで遠いので、私のデジタルカメラでは写真は精一杯拡大して撮ってもこれが限度↓
f0158259_23245459.jpg
一方の巨人の先発はにっくきグライシンガーでしたが、写真撮り忘れました。

試合はいきなり青木のソロホームランでヤクルトが先制。ちょうど座っていた席の近くの方向にまっすぐ打球が飛んできました。
f0158259_232997.jpg
↑青木
f0158259_23294584.jpg
↑傘が舞うスタンド

一方、由規は巨人打線を初回、2回と無得点に抑えますが、3回表、鶴岡にツーベースを浴び、さらに、続くグライシンガーにまさかのタイムリーで1対1の同点。

さらに4回表、連打と四球で1アウト満塁。ここで巨人の下位打線の脇谷、鶴岡に連打を浴びて2失点で1-3と逆転。5回表、坂本の本塁打、亀井のツーベース、阿部の犠牲フライで3失点で1-6。坂本の本塁打はスライダーだったようですが、今日の由規は何かストレートを狙われているような印象がありました。こないだテレビ観戦した巨人戦では、ストレート中心のリードが功を奏した感じだったのですが。公式ホームページを見ると、今日は変化球の制球が悪かったということで、変化球もよくないとなかなかストレートも生きないということなのでしょう。

5回裏終了後には花火↓
f0158259_23482364.jpg
6回からは木田↓。2回無失点。
f0158259_23493471.jpg
8回からは松井光介↓。8回の1失点でヤクルトの敗戦を決定づけた感じでした。
f0158259_2356288.jpg
ヤクルト打線は8回途中まで、青木のホームランの1点のみに抑え込まれます。ようやく8回裏、2アウト1塁3塁のチャンスに、グライシンガーをリリーフした藤田から、またも青木がタイムリーを放って、ようやく2-7。
f0158259_23545963.jpg
↑タイムリーを放った後の塁上の青木。

9回裏も、代わった越智を攻めてノーアウト満塁のチャンス。ここで米野が凡退も、途中から3塁に入っていた吉本がタイムリーで3-7。
f0158259_23584414.jpg
↑やはりタイムリーを放った後の塁上の吉本。

この後、さらにチャンスが続きますが、福地、さらに最後はクルーンが出てきて川島慶が打ち取られ、試合終了。

この日の試合を見ていて思ったこと。

・終盤にチャンスは作りましたが、全体として完全に力負け。

・由規はまた今度頑張ってください。

・やっぱりデントナと宮本を欠くとヤクルト打線は迫力不足。

・川島慶に上位の打順(この日は2番)はきびしい気がします。1対1の同点に追いつかれた後の3回裏1アウト1塁3塁のチャンスにゲッツー、6回裏先頭の福地が出た後にまたゲッツー、8回裏1アウト1塁3塁で内野フライ、9回裏2アウト満塁で三振。帰り道で巨人ファンに、今日は慶三サマサマだったね、といわれてました。ショートが守れて、2ケタ本塁打(現時点で10本塁打)ということで、下位打線であれば意外性もあってよいかもしれませんが。まー、2番打者に今日ほどチャンスが回ってくることも珍しいといえば珍しいのですが。

・巨人の亀井の活躍ぶりを見ていて、ヤクルトも、もっと飯原などにチャンスを与えるべきではないかと思いました。青木とガイエルが動かせないとすると外野はレフトしか空いておらず、今日そのレフトを守った福地は3安打で、去年みたいな大活躍ではないもののそれなりの数字を残していますし、若手の中でも他に武内(←この日はデントナがいないので一塁で出ていましたが)とかもいるので、なかなか1人の選手にチャンスを与えるというのが難しいのはわかるのですが。いずれにしても、ヤクルトの外野のレギュラー争いは結構きびしいです。

・最後に、ヤクルトファンは基本的に「俺はジャイアンツが大っ嫌いだ」という人がほとんどだと思うので、こんなに巨人戦の対戦成績が毎年悪いのは耐えられません。グライシンガーやゴンザレスに負けたりというのはなおさら。もう少し何とかしてほしいものだと思います。少なくとも、途中で試合を諦めたかのような采配(相川→米野の交代とか)は巨人戦に限ってはすべきではないのではないかと思います。

ところで、外苑前駅への帰り道の途中で、もう1つ目障りなものが目に入ってきました↓。俺はタイガースも大っ嫌いだ。
f0158259_0154020.jpg
(追記 9月5日)
世間では捕手キムタクばかりが話題になってますが、外野フライで試合終了のはずが天井に当たって同点って一体なに…?やっぱり野球は大空の下でやらないと。
[PR]
by fbrat | 2009-08-23 00:17 | Swallows/NPB