Holiday From Real

fbrat.exblog.jp
ブログトップ

焼きうどん@Wagamama & Hidden Japan

ついに試練の日がやってきました…。そう、職場の秘書さんたちとWagamamaに行く日

なぜ、私の研修終了までまだ1ヶ月ある3月の終わりに、しかも場所がWagamamaで、なのかというと、単に、秘書さんたちの1人が、今日(3月31日)で期限の切れるWagamamaの割引券を持っていたからなのでした。

席について、おそるおそるメニューを見ると、そういえば、前回来たときは最初からラーメンを試そうと思っていたので、あまりしっかり見ていなかったのですが、意外といろいろなメニューがあることに気がつきました。ご飯ものが結構あるらしいということは、ももんがさんのコメントなどの指摘もあって把握してたのですが、焼きそばとか焼きうどんとかもあります。すぐ近くの席の人が焼きうどんを食べていて、少なくとも見た目は普通でおいしそうに見えたので、焼きうどんを頼んでみることに。

他の人と一緒だったので、写真は撮ってませんが、出てきた焼きうどんは見た目は至って普通の焼きうどん(近くの席の人が食べてるのを確認してから注文してるので当然といえば当然ですが。)。で、肝心の味はというと…、これも至って普通の焼きうどん。ロンドンで日本料理が「普通」というのは褒め言葉なので、まー、ロンドン基準で言えばおいしかったというわけです。ついにWagamamaで他の日本人に対して無難だと勧めることができるメニューを発見しました。

それにしても、秘書さんたちと話してみると、麺がスープに入ってるというのはwieredだという人がいたり、焼きうどんとカツカレーしか頼んだことがないという人がいたり、どうもイギリス人でもWagamamaではあまりラーメンは頼んだりしないようでした。それを聞いて周りを見渡してみると、確かにラーメンっぽいどんぶりはあまり見かけず、ラーメン以外のメニューを食べている人が圧倒的でした。Wagamamaのラーメンは、一体、誰のためのメニューなんでしょうか。。

ところで、秘書さんたちとじっくり話す機会というのは今までそうあったわけではなかったので、秘書さんたちの1人からいろいろと日本について質問をされました。どうも彼女は日本についていろいろと聞きたいと思っていたようです。その原因の1つがこの番組↓

Hidden Japan(BBC Four)

自宅では、BBCはBBC OneとBBC Twoまでしか見られないので、直接、番組を見たことはないのですが、BBC Oneなどでも番組の宣伝はしていて、ある日、TVを見ていて、急に「バーコード禿げ」という日本語が聞こえたので、ビックリしました。

日本語の表現や日本の習慣などを取り上げて、面白おかしく伝える番組のようで(※追記参照)、例えば、その秘書さんからは、「日本の会社では、毎朝こんな感じで体操をするってほんと?」(←「こんな感じで」というところは腕をクロスさせたりしてました。ラジオ体操のことと思われます。)などと聞かれました。「やってる会社もあるかもしれないけど、ほとんどの会社はしないと思う。」と答えておきましたが。

直接、番組を見られないので、他にもどんな取り上げられ方をされているのか気になるところです(上記のwebsiteを見るとだいたいの推察はつきますが。)。まー、Hidden ChinaとかHidden Koreaとかいった番組はないので、注目されているうちが花ということなのかもしれませんが…。
f0158259_5454233.jpg
↑今日行ったWagamamaロンドン塔前店(こちらの写真は別の機会に撮ってました)

(追記 4月2日)
コメント欄でご指摘いただいたとおり、過去の放送をネット上で見ることができました。で、改めて上記のリンクのウェブサイトなども見直してみたところ、どうも"Hidden Japan"という大きなテーマの下に、日本に関するいろいろなテーマで毎週90分程度の番組が作られているということのようで、日本語の表現についての面白い映像などは、どうもテレビ上の番組宣伝やサイトにあるだけのような感じです。

あと、図らずも元の記事が日本時間では4月1日付になってしまいましたが、「Wagamamaの焼きうどんがまとも」というのは(少なくとも私の主観的には)エイプリルフールの嘘ではありませんので、念のため。
[PR]
by fbrat | 2009-04-01 05:35 | Gourmet (主として麺)